Top / ブログ / 2015-07-16

Tag: 全て表示

カナブンのお告げ?

先日不思議な体験をした。
仕事で海と山に囲まれたところへ行かせて頂いたときのこと。

行きの高速で、トンネルを抜けると濃い霧が漂っていた(^^;)
霧はきらきら渦を巻くように舞い上がったりして、幻想的で
少し感動ものの光景だった。

さて、仕事が終わり、帰る直前に、その地元の神主さんと、
その奥様とお話をしていた時のこと。

奥様が突然
「一昨日くらいから竜神様が来てくれてるからね~」
と言った。

竜神?
と思ったが、話の流れも唐突だったので、私は「竜神」のワードを
いったんスルー(^^;)

ところが、ご一緒していたお世話になっている方はあっさりと
その話に乗り、

「ほう、そうなんですか」
と言った。

神主さんと、神主さんの奥様は、交互に
「不思議が沢山起こって、私たちは今この状況なんですよ~」
「この付近には竜神様が来てくれてて、守ってくれてるんですよ~」
「家内は昔から霊感があるけどね」
「いま私たちがこの状況になる時も、白い蛇が突然現れたんですよ~」
などと言った。

私は、この手の話は大好きなのだが、それはあくまで、それが
「本当の話だったら」の話である。
この手の「神秘的な話」には眉唾モノが多いことも重々承知で、
見極めが肝心だと思っている(゜▽゜)

なので私がした行動と言えば、
「そうなんですか!すごい」
と相槌をうつことだった(^^;)

信じていないわけではなく、中間の立ち位置をキープしたいのだ。
特に奥様は、私の知っている霊感のある方と雰囲気が似ており、
そしてその知っている方は、私にとって完全に信用できる方では
無かったことと、奥様の喋り方が少し盲信気味のように感じたので(^^;)

ご一緒したお世話になっている方は、そんな話を聴いても抵抗なく、
「実は私の妻もそういう風な(霊感がある)人間でね~」
と言っていた。
「私の妻は、『出会いは偶然はなく、全て必然。』と言ってるんだよ」
とも、言った。

******

そして、神主さん夫妻と別れたあと。

私と、そのお世話になっている方は、その神主さんの神社へ。
「これもご縁だ」
ということで、2人でお参りに行った。

なかなか雰囲気ある神社。

お参りを済ませると、そこには観光客らしい男の人が
座って資料(?)を見ている。

私のお世話になっているつれの方が
「お勉強中ですか?」
と話しかける。

「そうなんですよ。実は私○○新聞社の者で・・・」
との意外な答えが。

色々と世話話をしていると・・・

突然、すごい勢いで虫が私に向かって飛んできたのだ・・・Σ(゜■゜;)

まだ、神社の敷地内。
鳥居の中でもある。

「うわぁっ!!」
と悲鳴をあげたけど、そのあと虫は見えなくなり。
いなくなったのだと思い、放っておいた。

その、虫が飛んできた時、「これは何かのお告げだな。」と一瞬思った(^^;)
大きな力は、私に何を伝えたいんだろう?
と思ったが、わからなかった。

しばらくして、
「右肩にカナブンがとまっているよ」と言われた(^^;)
いなくなったと思ったが、まだいたのだ・・・。。

私に突進してきたのはカナブンだった。

何かを伝えに来た神様の使途は、ずっと右肩にとまっていらっしゃったようである(^^;)

**********

帰り道。
空に低く渦を巻く雲が、竜神様のような気がしてならなかった(゜▽゜)

**********

カナブンのお告げの意味は、今のところわからないが、
ざっと調べると「死と再生」をつかさどるという説も。

コガネムシとは別のものらしいことや、
エジプトのスカラベは、フンコロガシのことらしいこと。

少し雑学は増えたものの(^^:)

メッセージが何かは、まだわからない。

それにしても、不思議な体験をしたと、いまもまだ思いかえすのである。